薬と予防を兼用しよう

失敗しない足がつる時の薬の話【病院や薬局で買える】

薬と予防を兼用しよう

こむら返りには薬のみだけでなく予防法も兼用することをおすすめします。薬は安心材料として常備しておくとよく、予防法を組み合わせると頻度を減らすことができます。

 

【ミネラル摂取】
ミネラルはもともと体からの吸収率が低いものが多いため、意識して摂る必要があります。汗で流れたり、消化器官の低下で吸収できない場合や、栄養不足で足りない人もいます。また、ミネラルはバランスも大事なため、特定のものを過剰摂取すると吸収率が低下したり体外への排出量が多くなるものがあります。

 

【利尿作用の無い水を飲む】
脱水もこむら返りの原因となるため、飲む物は利尿作用がないものをおすすめします。水でも良いのですが、ミネラルの損失が多い方はスポーツドリンクが便利です。コーヒーやお茶を常飲するのは脱水に繋がる恐れがあります。

 

【下半身の運動】
足がつりやすい方は筋肉不足も原因となるため、適度な運動が予防になります。高齢になるほど足がつるのは、年齢とともに筋肉量が減少するからです。特に60代くらいから減少量が加速しやすいため、高齢者ほど筋肉を鍛える運動をおすすめします。

 

【冷え】
冷えれば血流が悪くなり栄養供給がされにくくなったり、疲労物質が蓄積して筋肉が収縮しやすくなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ