薬以外で予防ができる

失敗しない足がつる時の薬の話【病院や薬局で買える】

薬以外で予防ができる

こむら返り薬は万が一痛みが出た際の緊急対策として使えますが、頻繁に起こるようなら予防法も同時にやっておく必要があります。こむら返り薬は常用したり長期服用が前提となってないため、あくまでも緊急用として常備するようにしましょう。

 

【冷え】
足が冷えると血管が収縮し同時に筋肉も収縮しやすくなります。寝ているときに足がつりやすい方は、湯たんぽで足を保温したり、入浴後就寝すると防ぐことができます。

 

【急激な運動】
普段使われていない場所を急に動かすと筋肉が疲労し収縮しやすくなります。たまに運動する方は、事前にストレッチや準備体操をして筋肉を十分延ばしておくことです。

 

【脱水】
大量に発汗するような場合は、ミネラルも一緒に補給しないと体内のバランスが悪くなります。水だけ飲むと血液が薄められ、体内のミネラルバランスを悪くします。大量に発汗したスポーツドリンクや水と塩分摂取を心掛けましょう。

 

【筋肉の疲労】
長時間立ちっぱなしや、長時間の運動により筋肉が疲労すると痙攣を起こしやすくなります。高齢者が登山やマラソンをする際にも起こりやすいため、ゆっくりとした動作を長時間行なう際にも注意してください。筋肉が疲労しそうだと思ったら、適度にストレッチを加え疲労を解消させましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ